NOTICE

ブログ内検索


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
管理
デイトレーダー
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ボウコウの雑記帳

開発工房戦民思想主宰「某工房主」→「暴行棒主」→「ボウコウ」
による依頼主の妄想を実現するまでの記録と、少々アレな日々を
書き殴ってます。
ご依頼の際の参考にしていただければ幸いです。
※旧ブログの移転分のコメントや画像の表示が一部乱れてます。
何卒容赦ください。

-HEAD LINE-
[2018.01]
イサカマガジンキャリアVer.2の仕様を追加しました。
各種塗装仕様がお選びいただけるようになりました。
詳細はこちら
本年もお世話になりました。
0
    2012年は戦民思想にとっては大きな年でした。
    webサイトの建設にはじまり、新製品の開発や各種製作強化月間、販路の
    拡充など、とりあえずは予定通りに進みました。

    続きを読む >>
    | 工房 | 18:23 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    商品撮影
    0
      当工房のオリジナルアイテムも結構種類が増えてきました。
      しかし商品の写真撮影は手弁当のままなので、見た目がだいぶアレです。

      それなりのカメラは使ってるんですが本人の腕が......○∠\_
      かといってプロに頼むほどの余裕は当工房にはありません。

      そんなときに助けになるのが知り合いってやつです。
      事情を話してウチで商品撮影をしてもらうことになりました。

      続きを読む >>
      | 工房 | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      じゃーっ。
      0
        相変わらず熱いですねえ・・・。
        当工房周辺は本日も高温注意報が発令されてます。
        気を付けないと熱中症でぶっ倒れそうです。

        こんな日は水浴びでもしながらやり過ごすことにしましょう。

         

        うっひょう、涼しいぜ。

        続きを読む >>
        | 工房 | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        仕入先で切り出し
        0
          例年はくそ暑くなる前に木材加工を一段落させるのですが、ことしはwebを
          立ち上げたおかげか木工の依頼がべらぼうに多く、木工強化月間を延長する
          羽目になりました。(ありがとうございます)


          しかし当工房の作業場は手狭なので、多くの依頼品を大きな原材から切り出す
          のはとても大変です。
          そこで仕入先のご好意で、工具を持ち込んで切り出しをさせていただくことに
          なりました。


          R0015029.JPG


          続きを読む >>
          | 工房 | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          経過報告
          0
            午後から天気が崩れるようなので、帰投は明日になりました。

            「暴の奴はいったいどこで何やってんだ?」という話がアチコチで出てきてるようなので、
            簡単に4月末からの行動をご報告します。

            〜04/27:ひたすら作業




            04/28:CA870用HOPパッキン製造&出発

            →出るときに25℃あった気温は北上するとともに下がり続け、ついに8℃に。
             オマケに形見のマシンは80km/h以上出すと風が巻き込んでまともに走ってられず、
             結局経由地についたのは5時間後でした。(主力機なら3時間の道のりなのに)




            04/29:聖地巡礼

            →夜中にスマホの誤動作でお米屋さんから掛かってきた電話にたたき起こされて
             まともに眠れず。(スマホのロックはきちんと掛けましょうorz)
            →6時ころなまさんに迎えに来てもらって、目的地へと出発です。
             車内では話に夢中で、降りるI/Cをぶっ飛ばしたのは内緒。
            →9時すぎに聖地K.T.W.到着。
             アキュコン主催の新婚さん
             「連絡来ないから心配しましたよ〜〜。」
             と真顔で心配されました。すみませんw



            →そして精密射撃では国内最高峰の呼び声が高い人々と対面です。
             語りつくせない一日になるのは間違いありません。



             あちこちに鎮座しているテッポの仕様が色々おかしいw

            →そしていよいよ!

             私が敬愛してやまないK.T.W.和智社長にご挨拶です。

             私の当初の目的は実はここです。
             もうー緊張&恐縮しまくり。変な汗が止まりません。
             まともに会話ができていたかも怪しいです。

            ─────────────────
             【余談&ステマ】
             私は基本的に人を尊敬するということがないという傲慢な人間なのですが、K.T.W.の方々には
             感嘆を禁じえません。
             K.T.W.が世に送り出してくる銃を見れば、製品に対する姿勢や設計思想がわかります。
             工芸品としても、工業製品としてもよく考えられてます。
             製品のみならず、アフターの対応スピードもアマゾンやアスクルと何ほども変わりません。

             いいから黙って吊るしのK.T.W.のテッポを撃ってみろ、それが答えだ!
             (当工房がK.T.W.製品のオプションパーツを出さない理由が分かるはずです)
            ─────────────────


            その後、アキュコンの試射もそこそこに、当工房が修理品として預かったイサカM37を診て
            いただきました。



            実はこのイサカ、当工房で何をやってもまともな弾道にならず、途方に暮てれて和智社長に
            診ていただくという最終手段に出た代物です。
            (これでも当工房は数十丁のイサカ修理実績があるんですけど・・・)

            ちなみに画像のストックは当工房の試作品です。
            「木は何使ってんの?」と聞かれて
            「ケヤキです。」と答えたら呆れられました。
            (そのくらいケヤキは硬いのです)

            和智社長から構造に関する説明を受けながら修理に立ち会って十数分後。

            大暴れの弾道は見事元に戻りました。

            すっげええ・・・さすがとしか言いようがない。
            どうなってんだよこれ。
            納品するのが惜しいほどの弾道です。
            居合わせたなまさんとサンソウさんにも撃ってもらったのですが、同じく驚いてました。
            一部から「これ初速ヤバイんじゃねえのー?」という疑惑が出たため、念のため初速を
            計ったみたら0.2gで88m/sでした。90m/s切ってんのにこの弾道かよw


            →アキュコン開催。結果は惨敗orz
             (もうちょっといけると思ったんですが・・・)




            ※アキュコンの内容は濃密すぎるので、別途エントリを追加する予定です。


            →表彰後、宴会へ。
             居酒屋K.T.W.の本領発揮です。

             


            ※宴会の内容は濃密すぎるので、別途エントリを追加する予定です。



            04/30:開けて翌日

            →あーよく寝た。



            K.T.W.木村工場長のスペシャルエンフィールドの構造を拝見させていただきました。
            これ・・・ウチでホントに出来るのか?

            ※「公開まかりならん」ということで画像は修正入りです。悪しからず。




            新婚祝いへの軽機(軽機?)入刀です。
            とりあえずリア充もげろ、とだけ言っておきます。
            大変なのはこれからですよー(暴)

            最後にK.T.W.の方々とお泊り組みにご挨拶をして、聖地を後にしました。
            非常に充実かつ濃密な2日間でした。
            500km超えの旅をした甲斐がありました。

            K.T.W.のみなさま、OverSpecの若花ださま、クルマを出していただいたなまさま、
            アキュコン参加のみなさま、お世話になりました。
            ありがとうございます。


            →なまさんに仙台で下ろしてもらって、お昼には経由地に戻ってきてひと段落。
             午後から次のミッションへと移ります。





            友よ安らかに眠れ。


            05/01:国の墓へ



            →実家の春彼岸をぶっちぎったので、親父の眠る墓に行って来ました。
             なんだか仙台にいると墓めぐりばっかりしてるような気がしますが、それでいいんです。
             墓など行ってるヒマがあったら依頼品をこなせ!という酷な依頼主は居ないでしょうし。



            05/02:カンヅメ

            →終日デスクワーク。
             PCの不調っぷりに泣かされる。
             各所で2つ名が「ボウコウさん」になりつつあるようです。


            05/03:カンヅメ



            →終日デスクワーク。
             PCの不調っぷりに更に泣かされる。
             竹レールカバーのステマは順調な模様です。よしよし。

            05/04:修理&作業

            →PC不調の理由が判明したので、PCパーツ屋で部品を買ってきて修理。
             デスクワークの能率が格段に向上しました。
             あと2日早く気づいていればorz


            05/05:家族サービス

            →3年ぶりなんです、お察しください。




             と言いつつも情報収集は欠かせません。




            強気の価格だのう。
            名前売れればこんなもんかあ。




            来客用にこういうの買ってきたいんですが、二輪のペイロードではどうしても限界がなあ。



            05/06:現在

            →デスクワーク中。
             天候が許せば午後から買出しってとこでしょうか。


            予定では明日工房に戻る予定です。
            お問い合わせいただいた方におかれましては、返信は明日以降になります。
            よろしくお願いします。
            | 工房 | 12:50 | comments(5) | trackbacks(0) | - |
            カンヅメ
            0
              まだ工房には戻っておりません。
              雨で順調に足止めを食らっております。


              本日の晩酌。オーストラリアのスパークリングワイン
              「イエローテイル"モスカート"」
              割と出回っている銘柄ですので、ご存知の方も多いでしょう。


              本来はもう少しマメにエントリを上げる予定だったのですが、持ち出したPCの調子がすこぶる悪く、
              その原因が分かったのが本日の朝という体たらくでして。
              (ちなみに原因はメモリの接触不良でしたorz)





              旅先で得た情報と経験が多すぎて、まだ頭の整理がついておりませんが、どのみち外は雨という
              ことで、溜まったデスクワークをガリガリと消化しております。

              いったい何のデスクワークをやっているのかは、近いうちにわかるはずです。




              それまではアクセスランキングぶっちぎりの弁当ブログをお楽しみください。
              | 工房 | 20:28 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
              レーザー刻印試作
              0
                昨日は作業後に出張に行ってきました。

                一体何しに行ってきたかというと、銃本体やパーツへのレーザー加工試作の打ち合わせを
                してきました。

                実は以前から、

                「依頼したものに戦民思想さんのロゴとか入れてもらうことってできますか?」
                「自分の名前とか入れて欲しいんですけど」

                というオーダーが多く、当工房としてもいい方法が無いか考えておりました。
                確かにべらぼうにコストをかければなんだって出来ますが、現実的な価格で出せなければ
                意味がありません。
                ちょうどそのとき知り合いの会社でレーザー加工を始めたというではありませんか。
                先方に相談したところ、実際の加工風景や仕上がりを見てもらうのが一番手っ取り早いと
                いうことになり、早速アポを取って行ってきたというわけです。




                そしてこれがそのレーザー加工機。
                海外製だそうですがよくわかりません。
                マニュアルと実際の動作が違ったりすることもあり、日々悪戦苦闘しているそうです。




                持ち込んだデータをソフトで編集して、刻印位置の原点を決めたら加工開始です。




                加工中の様子。
                意外と音は静かです。


                そして出来上がったのがこちら。





                おお・・・すげえ。ちょっと感動。




                拡大するとこんな感じ。
                刻印の深さはレーザーの出力と施工回数で調整可能だそうです。




                フォントが潰れさえしなければ、このくらいまでは対応可能です。


                プラだけではなく、木材も可能とのことなので、先日のレールカバーにも加工してみました。






                おおおおお。
                焼印だとコゲや滲み、焼きムラなどが出ますが、そういったことは一切なし。
                これで「火を吹いているパンダ」とかデタラメを言われることもないでしょう。
                (これは笹をくわえているデザインなのです)
                曲率の許す範囲であれば拡大縮小も自由自在だそうです。

                「焼印の方が味があるでしょうに」とも言われたのですが、実際竹ハイダーは仕上がりの
                悪いものは売れ残りました。お客さんはそのへん正直ですからねー。




                「一目見て心奪われた」なら買うようにm9(`・ω・´)



                さて、作業後に打ち合わせをしたのですが、このレーザー加工機は塩素ガスを発生する
                材料の加工はできない(電子回路がやられる)そうで、特に樹脂は材質を選びます。
                当然塩ビ系は無理。

                しかし加工してもらったカービンキットは中華レプリカなので、材質がなんなのかさっぱり
                わかりません。
                多分ナイロン系樹脂だとは思うのですが、はっきりしたことがわからないまま発注する
                わけにもいきません。
                かと言って材料分析会社に調査を依頼すると結構な金額がかかります。


                しかしそこで諦める当工房ではありません。


                ダメなら自分でやる。
                それが当工房のSTYLEなんでね(ドヤァ)


                というわけで、材料に塩素が含まれていないか調べる方法を探してみたところ
                「バイルシュタイン反応試験」という方法でハロゲンを検出することができるということが
                分かりました。
                あー、そういえば炎色反応とか高校のときにやったよなあ。
                (ハロゲンといえば「ふっくらブラウス愛の跡」とかで覚えたアレですね)
                合成樹脂には塩素以外のハロゲンが用いられることはほぼ無いので、バイルシュタイン
                反応が出てくる≒塩素系樹脂ということになります。

                では早速試してみましょう。

                とは言っても、酸化銅に試薬をくっつけてコンロで炙るだけです。
                銅板くらい当工房なら在庫品がありますのですぐできます。


                まずカービンキットから。



                んー、出ない。


                これだけではホントいいのか不安なので、比較のために塩ビ管でも試してみました。




                よっしゃ出やがったぜ!

                ということは実験は成功で、カービンキットの材質に塩素は含まれないことになります。


                これで加工の可否が判断できます。
                この反応が出なければ、加工は可能です。


                ・・・しかし炎色反応試験をしてるカスタム屋なんてウチくらいでしょうねえ。



                レーザー刻印の加工をどういったサービスにするかはまだ考えているところですが、
                こちらで何パターンかデザインやフォントを用意して、その中からお客様に選んで
                もらう方法が一番手間がかからず安価に提供できるかと思われます。
                チーム名や自分の名前、お気に入りの台詞など、刻印したいものがありましたら、
                お問い合わせください。
                1箇所2〜3000円くらいで承れればと考えております。
                ちなみに刻印の大きさによる料金の差はありません。
                1施工いくら、という形での受注になります。

                カッコイイデザインを考えないといけませんね。
                | 工房 | 12:26 | comments(6) | trackbacks(0) | - |
                試射中
                0


                  まあボチボチやってます。
                  試射結果ら左から
                  ・良好
                  ・良好
                  ・要調整
                  ・orz
                  です。

                  まだ慌てるような時間じゃないので、じっくり調整します。
                  | 工房 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  作業効率化
                  0
                    そろそろ木工を本格化させる時期なので、ちょっと工夫してみました。




                    コイツはAUの黒歴史にして超駄作のIS02です。
                    (もはやスマートフォンとすら呼びたくない)
                    当時電話がぶっ壊れて、買い替えようと思ったらまともな機種が出ておらず、仕方なく
                    買ったものです。
                    出先でブログを更新するのに便利かなーと思ったんですが、まったく使い物にならず、
                    1週間で別の白ロム電話を買って入れ替えました。(本気で投げ捨てたくなった)

                    売れるとも思えなかったので、放ったらかしにした結果、2年前のハードにも関わらず
                    新品同様です。


                    さて前置きが長くなりましたが、このままコイツをジャンク箱にぶっ込んでおくのも何か
                    もったいない気がしたので、中身をチョイと弄ってPCの子機に仕立てました。
                    Wi-Fi経由でPC上のデータフォルダにアクセスできるようにして、屋外でも参考画像が
                    確認できるようにしてあります。
                    なんかすごいことをやってるように見えますがなんてことはなく、単にワイヤレスのデジ
                    タルフォトフレームをでっち上げただけです。
                    作業中は埃が盛大に飛び散るので、チャック袋にでも放り込んでおけばいいでしょう。
                    キーボード装備モデルなのがここで効いてくる……と思ったのですが、デフォルトアプリ
                    ではキーボード操作ができませんでしたorz
                    しかもキーボード操作対応のデフォルトアプリでは共有フォルダのファイルは開けず。

                    結局別のビューワーソフトを探し回るのにもう一苦労です。
                    まあ使い物にならない有りものでなんとかしようとしてるわけですから仕方ないですね。
                    ラクをしたければ素直に最新機種のタブレットでも買えばいいわけで。
                    (なんだか普段の作業とやってるベクトルは変わってないような気がします)

                    しかしこれで作業のたびに資料を印刷してクリアファイルに入れてから屋外に持ち出す
                    面倒はなくなりました。
                    そして作業に入ろうと思ったら夕方orz
                    仕方ないので屋内で山盛りのカスタムを片付けました。



                    うっへえ、腕がだるかったからブレブレだよ…。
                    (当工房カメラには手ブレ補正なんて軟弱なものはついてません)

                    気合入れて3梃やっつけましたよ。
                    カスタムPhaseは上から順に
                    ・フルチューン+α
                    ・フルチューン
                    ・ライトチューン
                    ・ミドルチューン
                    となってます。
                    ※一番上のは既に内部カスタムは終わってて、外観の加工待ちです。

                    明日はコイツらの試射に行ってきます。
                    試射する銃はこれだけじゃないので、結構大変かもなあ。
                    出かける前にひと仕事片付けなきゃならない作業もあるし。
                    | 工房 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    ランキング
                    0
                      最近ブログの方は機械的に投稿するばかりで、アクセス解析の類を行っていなかった
                      のですが、いったい当工房ブログにはどのくらい読者さんがいらしているのかちょっと
                      調べみました。

                      で、久々にランキングを覗いてみました。

                      続きを読む >>
                      | 工房 | 12:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - |