NOTICE

ブログ内検索


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
管理
デイトレーダー
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ボウコウの雑記帳

開発工房戦民思想主宰「某工房主」→「暴行棒主」→「ボウコウ」
による依頼主の妄想を実現するまでの記録と、少々アレな日々を
書き殴ってます。
ご依頼の際の参考にしていただければ幸いです。
※旧ブログの移転分のコメントや画像の表示が一部乱れてます。
何卒容赦ください。

-HEAD LINE-
[2018.01]
イサカマガジンキャリアVer.2の仕様を追加しました。
各種塗装仕様がお選びいただけるようになりました。
詳細はこちら
<< ベネリM3用ストックパイプアダプタの開発 | main | ベネリM3ショーティ用マウントベースキット >>
木製グリップチャレンジキット
0
    最近はハンドガン用木製グリップ製作の際にCNC加工機を補助的に
    使うことが多くなりました。
    一度データを作ってしまえば複製が容易なので、数が出るものに
    ついては積極的に自動工作機とののハイブリッド加工がメインに
    なって来つつあります。

    特にグリップスクリューの穴などは精密さが要求される箇所での
    機械加工による支援効果は絶大です。
    反面、切削量の多い外形成形は、CNC加工機の稼働(占有)時間
    を考えると電動工具でやった方が早いので、機械と手仕事で作業
    を分担してます。
    どのみちウチの機械じゃ100%完全自動加工は無理ですし、依頼主
    の細かい外観の要求仕様を都度3Dデータ化してたら時間が掛かり
    過ぎます。
    それに立体曲面って意外と設計が難しいのです。
    このあたりは長年やってきた手作業に軍配があがります。
    大手メーカーみたいに何百個も作るわけじゃありませんし。

    そんなことをやってるうちに
    「外形成形をする前のグリップって需要あるんじゃね?」
    という考えに至りました。
    工作に興味のある方なら一度は木製グリップの製作を考えたことがある
    かと思うのですが、前述のとおりグリップは本体との嵌合(噛み合わせ)
    が必要なので、手作りの際はこの位置決めが難関となります。

    ユーザーとしてはそんな細かいところより「外観を自分好みにしたい!」
    という1点しか考えていないはずです。

    んまあそれで
    ・外観を先に仕上げて本体との噛み合わせで失敗→台無し
    というのは良くあるパターンです(経験者)

    というわけで。



    ─表─



    ─裏─


    こういうのを作りました。






    本体との噛み合わせと外部の輪郭の切り出しのみを済ませたもの
    です。






    あとはヤスリなりリューターなりグラインダーなりサンダーなりで
    自分好みに仕上げればいいだけです。塗装もお好みでどうぞ。

    製造時間も短いので、価格もかなり安くできました。


    現在試験的に直販サイトで販売しております。
    (Vショーでも先行発売しました)


    いつもどおり意表をついた商品ですが、せっかくなので発売記念に
    何か企画でも考えてみようかと思ってます。
    | 木材加工 | 19:47 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    買いたいときはどうすれば買えますか?
    | Sassy | 2018/08/22 12:23 AM |

    >Sassy さま

    本文内にもリンクが貼ってありますが、
    当工房webサイトの直売用メールフォーム
    からお問い合わせいただければ、折り返し
    お見積もりをお送りいたします。
    | ボウコウ | 2018/09/10 5:21 PM |










    http://blog.senmin-sisou.com/trackback/2154