NOTICE

ブログ内検索


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
管理
デイトレーダー
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ボウコウの雑記帳

開発工房戦民思想主宰「某工房主」→「暴行棒主」→「ボウコウ」
による依頼主の妄想を実現するまでの記録と、少々アレな日々を
書き殴ってます。
ご依頼の際の参考にしていただければ幸いです。
※旧ブログの移転分のコメントや画像の表示が一部乱れてます。
何卒容赦ください。

-HEAD LINE-
[2017.09.16]
レールジョイント「Engager-R」再販しました。
製法と構造を変更したので更に強度アップしてます。
詳細はこちら
<< イサカマガジンキャリア:Version2 | main | レールジョイントの再生産状況について >>
mk23のグリップスリム化について:補足
0
    最近、グリップスリム化を施したmk23の納品後に
    「仕上げが雑じゃないのか」
    という問い合わせが来ます。



    お問い合わせいただいた方には都度返信を差し上げているのですが、
    ご依頼前に把握されていた方が良いと思ったので、記事に起こすこと
    にしました。

    表面の仕上がりが雑に見えるのは意図的なものです。
    手を抜いたりサボったりしてるわけではありません。
    察しの良い方はもうお気づきだと思うのですが、荒削りの表面はザラザラ
    しているので、滑り止めを兼ねてわざと粗く仕上げてあるのです。

    グリップの滑り止めとしてステッピング加工が存在するくらいですから、
    チューニングの方向性としては正しいと当工房は考えます。

    ましてマルイのmk23なんてのは実用一点張りみたいな銃ですし、これまで
    お座敷/鑑賞用途でmk23カスタムを依頼された方はおられません。


    以前も述べましたが、手間「ごとき」で当工房が作業を省略するわけが
    ありません。
    それをあえてしていないということは、それなりの理由があるということ
    です。

    それに表面をツルピカにするなんてのはワケないことです。
    ペーパー掛けして番手を上げていけばいいだけですもの。
    袋詰め専門のアルバイトさんにだってできますよ。
    でも、そんな滑りやすいグリップ、ましてゲーム用の銃にそんな綺麗な
    仕上げなんて必要ないでしょ?むしろ使いにくくなりますよ。
    塗装も剥げやすくなりますし。



    逆に手間をかけているところはものすごく追い込んであります。
    おそらくこれ以上細くできないギリギリどころか、内部のトリガーメカの
    突出部分を削り落としてまでグリップの削りしろを稼いでます。
    性能的な効果はありませんが、結果的にトリガーメカのベディングを施し
    た状態/構造になっていると申し上げればわかりやすいでしょうか。


    こういう技術的なウンチクや断り書きをwebサイトにダラダラと掲載する
    のはすごくダッサイですし、張り紙だらけのラーメン屋みたいなサイトに
    なるのはボウコウの趣味ではありません。
    (これでもシンプル/スタイリッシュを目指してるんですよ?)

    つうても、見た目をカッコつけるために不親切なサイトになるというのも
    本末転倒なハナシです。
    このため、技術情報は活字メインのブログに掲載という形を取りました。

    勿論ツルピカの仕様を希望される事情/理由もあるかもしれませんので、
    最低限の補足説明もwebサイト側に掲載しておきました。

    上記説明でご不明な点があれば問い合わせの際にお申し出いただければ
    幸いです。
    | カスタム | 05:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.senmin-sisou.com/trackback/2130