NOTICE

ブログ内検索


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
管理
デイトレーダー
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ボウコウの雑記帳

開発工房戦民思想主宰「某工房主」→「暴行棒主」→「ボウコウ」
による依頼主の妄想を実現するまでの記録と、少々アレな日々を
書き殴ってます。
ご依頼の際の参考にしていただければ幸いです。
※旧ブログの移転分のコメントや画像の表示が一部乱れてます。
何卒容赦ください。

-HEAD LINE-
[2018.01]
イサカマガジンキャリアVer.2の仕様を追加しました。
各種塗装仕様がお選びいただけるようになりました。
詳細はこちら
<< マスターキーキットの予約受付を開始しました。 | main | マスターキーキット紹介映像 >>
HK33/53の給弾不良対策
0
    最近のボウコウの主力機はKSCのHK53です。
    (サバゲもしてないのにいつ使っているのかというのはまた別の話)




    マガジンはマルイAKの多弾マガジンを改造しているので給弾不良もなく
    快調・・・と思うでしょ?
    実は最近じゃ初弾しか出ませんorz
    あとはずーっとカラ撃ちが続きます。


    どっか摩耗したのか、リポバッテリを使ってサイクルが上がったせいなのか、
    いずれにせよこれでは使い物になりません。
    手動でのコッキングでは問題なく発射されるので、給弾不良はマガジンの問題
    ではないような気がしてきました。

    つまり、ノズルの後退時間が短すぎるのではないかと。


    マルイ式電動ガンならばセクターチップなどを入れることでノズル後退時間を
    稼ぐことができますが、HK33/53は給弾機構の方式が全然違うので、他の方法を
    考えなくてはなりません。

    その前にHK33/53の給弾システムをおさらいしてみましょう。

    HK33/53は給弾ノズルとシリンダーノズルが一体になってます。
    このため、セクタギアがタペットプレートを引いて給弾ノズルを後退させる
    仕組みにはなってません。
    ピストンヘッドはドーナツのように中央が貫通しており、2組のゴムでシール
    されたノズルが中央をブチ抜いているという構造です。
    そういう意味では、HK33/53のノズルは正確にはシリンダノズルとは呼べない
    かもしれません。
    (パーツリストにはになんて書いてあったっけ?)




    まず、ピストンヘッドの内側にカム(A)が引っ掛かり、ピストンと一緒に
    ノズルが後退していきます。

    ノズルが一定量後退すると、カム(A)からシーソー状に一体となっている
    カム(B)がスプリングガイド(C)の内側に潜り込みます。

    スプリングガイド(C)に押し上げられたカム(B)は連動してカム(A)を
    押し下げます。

    ピストンヘッドから解放されたノズルは、ノズルスプリング(D)により
    前進し、チャンバーに弾が送り込まれます。



    ・・・・これ考えた人、アタマいいよなあ。
    スプリングガイドをノズルのカム解放に使うなんて実に合理的だ。


    察しのいい方は構造の説明をしただけでノズル後退時間の増やし方はわかる
    のではないでしょうか。


    まー勿体をつけず説明しちまうと、スプリングガイドを少し短くするだけ。


    これによりカムの解放時間を遅らせることができるわけ。
    他にもカム(B)を削るとか、スプリングガイドの内側にテーパーを
    つけるといった方法でもいいですが、セッティングが出しやすい方法
    を取りました。


    結果は上々。
    セミでもフルでもばっしばっしストレスなく撃てるようになりました。

    どのくらい短くすればいいのかは使用している弾やバッテリによって
    変わってくるのでこれといった正解はありませんが、ボウコウは3mm
    くらい短くしました。


    「マガジン対策(或いは交換)したのに弾が出ない!」というHK33/53
    オーナーは一度この方法を試してみるのもいいかもしれません。

    チャンバーに手を入れるよりリスクも少なく、お手軽です。


    きょうは画像が少ないのですが、たまにはこんな技術情報をご紹介
    するのもアリということで。
    | カスタム | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.senmin-sisou.com/trackback/2103