NOTICE

ブログ内検索


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
管理
デイトレーダー
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ボウコウの雑記帳

開発工房戦民思想主宰「某工房主」→「暴行棒主」→「ボウコウ」
による依頼主の妄想を実現するまでの記録と、少々アレな日々を
書き殴ってます。
ご依頼の際の参考にしていただければ幸いです。
※旧ブログの移転分のコメントや画像の表示が一部乱れてます。
何卒容赦ください。

-HEAD LINE-
[2018.01]
イサカマガジンキャリアVer.2の仕様を追加しました。
各種塗装仕様がお選びいただけるようになりました。
詳細はこちら
<< 業務連絡 | main | ストックを短くする >>
外装のシボ加工
0
    以前からこっそり進めていた技術開発がひと段落ついたのでご紹介します。



    画像はVSRのストックに表面処理を施したものです。
    これは一般的に「シボ加工」と呼ばれるものです。
    もう少し細かいものになると「梨地仕上げ」と呼ばれたりします。
    銃によっては最初からこの加工が施されている機種もあります。




    要するに表面に滑り止めを兼ねた細かい粒をびっしり並べていくのですが、
    これがなかなか難しく、一時期開発を中断して放置してました。

    たまに見かけるのが「ストーン調スプレー」などを使う方法ですが、塗装
    後に結構ボロボロ落っこちてくるため、当工房では採用しておりません。

    細かい話をしても仕方ないので、画像を見ていただきましょう。




    大体こんな感じの仕上がりになります。
    基本は黒ですが、粒材を白くすることもできますので、別の色を上塗り
    した際に発色を良くすることも可能です。
    (後日施工サンプルをアップします)




    粒度の細かい調整はできませんが、密度は調整可能です。
    この画像はかなりみっちりと乗せてます。




    特にグリップやストックは、使っていると表面の塗装が剥げてテカテカに
    なってきますが、シボ加工を施すことにり、質感を取り戻せます。
    また、もともとプラスチッキーな機種のドレスアップにも有効です。
    滑り止め効果もあるので一石二鳥と言えるでしょう。
    仮に傷がついても目立ちにくいです。
    光の反射も抑えられるので、地味に迷彩効果も上がります。

    外装丸ごと施工も可能ですし、フォアエンド/グリップ/ストック等の
    パーツ単位での施工も可能です。
    樹脂/金属問わず施工可能ですが、曲がったりするような柔らかいもの
    への施工はあまりオススメしません。

    ざっと思いつくところだとこんなところでしょうか。

    ・ボルトアクションライフル系ストック
     →VSR-10
     →APS2
     →WinchesterM70 SPR
     →M700系全般
    ・ショットガン
     →M870
     →CA870
     →ベネリM3
     →SPAS12
     →イサカM37
    ・アサルトライフル
     →P90
     →ステアーAUG
     →AK系全般(プラストック)
     →M14系
    ・その他
     →サプレッサー
     →マガジン類
     →光学機器(スコープ類)

    加工費用/条件等は近いうちにレギュラーメニュー化してwebサイトに
    アップします。
    | カスタム | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.senmin-sisou.com/trackback/2089