NOTICE

ブログ内検索


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
管理
デイトレーダー
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ボウコウの雑記帳

開発工房戦民思想主宰「某工房主」→「暴行棒主」→「ボウコウ」
による依頼主の妄想を実現するまでの記録と、少々アレな日々を
書き殴ってます。
ご依頼の際の参考にしていただければ幸いです。
※旧ブログの移転分のコメントや画像の表示が一部乱れてます。
何卒容赦ください。

-HEAD LINE-
[2018.01]
イサカマガジンキャリアVer.2の仕様を追加しました。
各種塗装仕様がお選びいただけるようになりました。
詳細はこちら
<< ベビー南部いろいろ | main | 業務連絡 >>
HK33純正ハンドガードの木工による複製
0
    アキュコン銃作ってないぜ!どーすんだよ!(何とかする)

    本日は木工鬼強化月間第八弾です。



    紹介するのはHK33(KSC)用の木製ハンドガードです。
    HK33の木製ハンドガードは以前も製作しており、当工房レギュラーメニュー
    にもあるのですが、本日の依頼内容は

    「純正プラと同じ形でつくれませんか?」

    というもの。
    理由は簡単で純正バイポッドを取り付けられるようにするためと、単純に純正
    形状が好きなのだそうです。

    「形違うだけで作るの手間は一緒じゃねーの?」

    という方。
    まずはこいつを見てくれ。こいつをどう思う?



    HK33ハンドガードのフロントパーツはブラハンドガードで左右から挟み込む
    構造になっているため、このようなダボがついてます。
    しかし木製ハンドガードは一体型(無垢削り出し)ですから、この状態では
    組み付けができません(要するにこのダボが邪魔)

    というわけで安定の変態加工で乗り切ります。


    いつもどおり木材に切削ラインを引いて・・・・



    って。

    おい邪魔すんな。


    オメーよう(。-∀-)ソイツはマタタビじゃねーぞ。




    中ぐりのラインに沿って大雑把に穴を開けていくところはハンドガード
    製作の際の共通工程です。
    この後にフライスで面を整えてて順次整形していきます。


    そして一気に完成写真へ飛びます。
    (写真撮るの忘れてたorz)





    しぶいっ!
    イメージ通り、胡散臭い第三国風味の火器になりました。
    折りたたんだバイポッドもピタリを勘合します。
    G3系はセトメの流れを汲んでいるので、木製パーツとの相性も良好です。




    マルシンのKar98と似た風合いにして欲しいとのことだったので、塗装は
    オイル+ニスのトップコートで仕上げてみました。




    マルシンKar98との比較。






    木の風合いをうまく出せました。




    依頼主もご満悦です。よかったよかった。
    (いやホント嬉しそうだw)

    | 木材加工 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.senmin-sisou.com/trackback/2032