NOTICE

ブログ内検索


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
管理
デイトレーダー
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ボウコウの雑記帳

開発工房戦民思想主宰「某工房主」→「暴行棒主」→「ボウコウ」
による依頼主の妄想を実現するまでの記録と、少々アレな日々を
書き殴ってます。
ご依頼の際の参考にしていただければ幸いです。
※旧ブログの移転分のコメントや画像の表示が一部乱れてます。
何卒容赦ください。

-HEAD LINE-
[2018.01]
イサカマガジンキャリアVer.2の仕様を追加しました。
各種塗装仕様がお選びいただけるようになりました。
詳細はこちら
<< CA870フルサイズフォアエンドの製作 | main | JACブラウニングハイパワーの近代改修 >>
竹フォアエンド
0
    一部の非常に偏った層からご好評をいただいている竹ティカルシリーズですが、
    またもや変なアイディアが降りてきました。


    発端は先日と某秘密基地での会話でした。

    D「竹アイテムってどんくらいつくってんの?」
    暴「まずグリップでしょ?ハイダーにレールカバーと・・・」
    D「もういっそハンドガードとか作ったらどうですかwww」
    暴「んーでもM16系だと前後のロックに精度ださないといけないし、
      ショットガンならともかく・・・それだ。」

    そして翌日。


    ちなみにベース銃はマルイのM3です。


    暴「できました。」
    D「うひゃひゃひゃひゃ!すっげえー!」
    暴「いい感じに頭悪いですよねぇ。」
    D「あれ?でもこれ節が引っ掛かって意外と引きやすいw」
    暴「なんかね、結果的にそうなったんですよ。細身で握りやすいし。」
    D「あーでもこれ煤竹とか模様入ってるともっといいですよねえ。」
    暴「・・・。」


    数日後。


    何か問題でも?


    まさか取り寄せ先もコイツがエアガンの部品になるとは思わないでしょう。
    左から順に「煤竹/白竹/雲紋竹」になります。
    こんだけ立派な竹だと結構いい値段しましたが、勢いで仕入れました。
    (材料費だけなら木の5〜6倍くらい)


    そして更に色々話を詰めて出来上がったのがこちら。





    両端に逃がしやカーブをつけてそれっぽくしました。




    こうやって見るとそんなに違和感ありません。
    なんだか行けるような気がしてきました。
    ちなみに木で作るより簡単なので、木製フォアエンドより安くできます。


    そういえば先日取り引き先からFACEBOOK経由で竹ハイダーの情報がアメリカに
    流れて、それなりに話題になっているという話も聞いたのですが・・・。

    ─────────
    ボブ「ヘイ、トム!コイツが最新のジャパンエアソフトだぜ!」
    トム「Wow, it's Cool!」
    ボブ「オレたちもこのBig waveに乗るしかないぜ!」
    トム「でボブ、アンタはどれにするんだい?」
    ボブ「もちろん『susutake』さ!」
    トム「HAHAHA!」
    ボブ「HAHAHA!」
    ─────────


    ・・・戦民思想は確実に日本のエアガンを誤解させるのに一役買ってる気が
    してきました。



    でもこういう作業って楽しくてしょーがねーんですがね!
    | 木材加工 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.senmin-sisou.com/trackback/1957