NOTICE

ブログ内検索


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
管理
デイトレーダー
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ボウコウの雑記帳

開発工房戦民思想主宰「某工房主」→「暴行棒主」→「ボウコウ」
による依頼主の妄想を実現するまでの記録と、少々アレな日々を
書き殴ってます。
ご依頼の際の参考にしていただければ幸いです。
※旧ブログの移転分のコメントや画像の表示が一部乱れてます。
何卒容赦ください。

-HEAD LINE-
[2017.09.16]
レールジョイント「Engager-R」再販しました。
製法と構造を変更したので更に強度アップしてます。
詳細はこちら
<< デモ銃あります。 | main | 出荷報告 >>
SIIS USPチューニング
0
    質問「戦民さんてTwitterやらないんですか?」
    回答「んなもの囀ってるヒマがあったら依頼品をこなします。」
    質問「お客さんは普段どんなカスタムしてるか興味あるんじゃないですか?」
    回答「『起きた』『作業なう』『作業なう』『作業なう』『作業なう』『寝る』」

    そのうち『戦民思想の一日』ってエントリでも書きますかねえ。


    御託はこのぐらいにして早速いってみましょう(何事もなく平常運転)

    先日トリガートークさんにMk.23カービンデバイス「デモンストレーター」を預けてきたのですが、
    たまたま一緒に持っていった「USPカービンデバイス」の方がお客様の反応が良かったという
    予想外の結果になりました。

    そこで、ベースとなっているSIIS製USPのチューニングメニューを紹介する事にしました。




    なんかこうやって見るとGANTZに出てくるXガンみたいですねえ。
    ちなみにノーマル状態での印象と実際の動作を以下に記します。
    「そんなのわかってるからいいよ!」って方はすっ飛ばしてください。

    ────ここから─────

    ・重さ
     →程々です。軽すぎず重すぎず。
     →カタログスペック上は780gとなっております。

     →中に鉛のウェイトが仕込まれており、合計で190gありました。

    ・質感
     →これまた程々です。
       表面は艶消し仕上げとなっており、見た目はマルイMk.23と同等以上です。
       4,800円という価格を考えれば上出来と言えます。

    ・マガジン
     →ズッシリ重たいです。
       海外でCo2モデルとして販売されているという事情からか、剛性も十分です。
       構造的に不安を感じさせる部分はありません。

    ・操作性
     →トリガープルは固定スライドガスガンとしては一般的な重さで、不便を感じる
       ような重さではありませんでした。
     →反面、トリガーフィールはかなり悪いです。
       ゾリゾリとしたざらつき感があり、お世辞にもなめらかとはいえません。
     →ハンドリングはさすがUSPといったところ。
       重心も偏るようなところはありませんでした。
     →サイティングですが、フロントサイトとリアサイトが何故か他メーカーの1.5倍
       くらい高さがあります。
       正直ダッサイですが、サイティングはしやすいかもしれません。
       ホワイトドットなどは入ってませんでした。

    ・作動
     →セイフティの効きが甘々です。
       機能自体は実装されているので、すり合わせをすればきちんと動作するでしょう。
     →初速は程々ですが、海外仕様の高圧用バルブのせいかもしれません。
       ただし現状でも屋内フィールドで使う分には十分です。燃費もあがりますしね。
       バルブの仕様を替えた国内バージョンが新ロットで投入されるという話もあります
       ので、このあたりの不安はないでしょう。
     →弾道はノンHOP状態では散るようなこともなく、素直な特性を発揮しました。
     →HOPは可変仕様ですが、イモネジによる直押し式のため、調整はシビアめです。

    ・総評
     →良くも悪くも安定の固定スライドでした。
       不安なところはありませんが、ガスブロのような面白みもありません。
     →割とオーソドックスな作りかつ各部に弱々しいところも無かったので、ゲームで
       使い込めるだけのタフネスさも備えてます。
     →初速がやや低めなので、0.2gなどの比較的軽い弾で運用すれば十分活躍して
       くれるでしょう。
     →繰り返しになりますが、価格を考えれば上出来です。
     →オマケに製品には粘着ターゲットと箱の内装を兼ねた巾着袋まで付属してきます。
       これを考えればバーゲンプライスといっても過言ではありません。

    ────ここまで─────


    さて、それではお待ちかね。
    当工房が行ったチューニングの解説に入ります。
    早速分解してみましょう。




    出オチ。
    いきなりバラバラです。
    何にも考えずにバラしたので、組み立ての際にどの部品がどこに組み込まれていたのか
    さっぱりわからなくなり、2時間ほど唸ってましたorz




    構造はバレル可動式の固定スライドガスガンなので、設計自体は往年のポイント製などを
    髣髴させます。

    さて、前述のとおり、改善点は以下の2つ

    ・HOP特性
    ・トリガーフィール

    になります。

    そして肝心のチャンバーはというと。




    まさかのプラスチック製です。潔いなあ。
    まあゴムを使えばいいというものではないんですけどね。
    Oリングなどで気密は取れてるようですし、これはこれで汚れや磨耗に強いともいえます。
    どんな構造であろうと、結果的に性能が高ければユーザーは何の問題もないわけで。




    で、これがHOPパッキンです。
    よくこれで気密取れるなあ。
    しかしゴム自体は弾力があり、材質も特に問題はなさそうです。
    一応可変式ですが、調整機構はイモネジ直押しです。

    このタイプはHOP特性がピーキーなので、イモネジとHOPパッキンの間に極細スプリングを
    仕込んでみました。要するにCA870方式にしただけです。
    これでHOPパッキンの逃げができるので、HOP特性はマイルドになるはずです。


    続いてトリガーフィールのチューニングに移ります。




    アチコチ調べてみたところ、ハンマーの回転軸に思いきりバリが残ってました。
    たぶんこいつがゾリゾリとした感触の正体でしょう。
    ヤスリとペーパーを使って表面を滑らかにしました。




    ハンマースプリングのガイドの表面もボコボコだったので、同様にペーパーで磨きました。


    組み立て後50発ほど慣らしをしてから試射を行ってみたところ、ゾリゾリとしたトリガー
    フィールはなくなりました。
    さすがに名機P99FSほどスムーズにはなりませんでしたが、実売4,000円とは思えない
    レベルにまで改善しました。
    どうやら調整箇所の見立ては正しかったようです。

    HOP特性も以前よりだいぶよくなりました。
    ハンマーの打撃音も少々気になったので、緩衝材としてゴム板を貼りました。
    あまり厚手にすると初速の低下を招くので程々でやめておきます。

    こうなると発射音を下げるためにサイレンサーが欲しくなります。
    ざっと調べてみたところ、当工房のお客様が書かれているブログ
    「45ACPとNATO弾 (東部戦線異常なし)」
    にサイレンサーのお手軽な取り付け方法に関するエントリが掲載されていたのでご紹介
    しておきます。
    該当エントリ:S?S USP サイレンサーアダプター装着

    これでサイドアームとしても十分活躍してくれるはずですが、当工房ではこのUSPを
    カービンデバイス組込みのコンプリートモデルとして製作してみるこにします。





    既にプロトタイプはトリガートークさんに預けてありますので、興味のある方は一度
    現地まで足を運んでみてください。試射も可能です。
    | カスタム | 16:23 | comments(7) | trackbacks(0) | - |
    S?S・・・  KHC,,,似たような。。。 例の・・・ブツのののの・・・HOP...(泣 -----
    | applecap | 2012/04/23 9:40 PM |

    S?SのUSP持ってますが、マガジンを挿入するときにバルブ(?)が中で当たって生ガス噴くことがしばしば・・・
    | キータイ | 2012/04/23 10:18 PM |

    リンク先、拡張子 .html ですよ!
    | 株主 | 2012/04/24 2:56 AM |

    >applecapさま 作ってますからもう少し待って下さいね。 >キータイさま あー、ありました。 ウチの個体は直したんですが、手元に本体が 無い上に、どうやったか忘れてしまったので そのうち調べときます。 >株主さま (ノ∀`)アチャーやっちまった。 直しときました。
    | wildey | 2012/04/24 9:27 AM |

    ハンマーに、そばにあった布テープが噛んでしまい、その後カラカラ音がして、板バネの様な物が出てきました。その後シングルアクションが出来なくなったのですが、何処にあった物なのでしょうか?
    orz
    | mako | 2017/01/02 10:57 AM |

    >makoさま

    おそらくハンマーを固定するための
    シアースプリングかと思われます。
    本来脱落するようなものではないので、
    おそらくどこか破損して脱落したもの
    かと思われます。
    修理が必要かもしれません。
    | ボウコウ | 2017/01/08 12:35 PM |

    ボウコウ様
    まさか御回答頂けるとは!
    ありがとうございます!
    その後、スプリングの一部も折れてしまい、諦めて、ダブルアクションオンリーの運用にしました(;´∀`)
    セーフティの管理に十分気を付けて
    良い勉強になりました。
    重ねて、ありがとうございました!
    | mako | 2017/01/11 7:07 PM |










    http://blog.senmin-sisou.com/trackback/1874