NOTICE

ブログ内検索


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
管理
デイトレーダー
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ボウコウの雑記帳

開発工房戦民思想主宰「某工房主」→「暴行棒主」→「ボウコウ」
による依頼主の妄想を実現するまでの記録と、少々アレな日々を
書き殴ってます。
ご依頼の際の参考にしていただければ幸いです。
※旧ブログの移転分のコメントや画像の表示が一部乱れてます。
何卒容赦ください。

-HEAD LINE-
[2018.01]
イサカマガジンキャリアVer.2の仕様を追加しました。
各種塗装仕様がお選びいただけるようになりました。
詳細はこちら
<< 続々・中華CAを斬る! | main | ツァスタバM76の製作:その5 >>
ちょっといいマウント
0
    梅雨時は木工や塗装がやりづらいので困ります。
    木工強化月間はまだ継続中なのですが、大雨に祟られるとどうにもなりません。

    というわけでそんな作業の空きをみて、しばらく放ったらかしにしていた部品の
    加工をしてみました。



    だいぶ前に一さんの武器庫からいただいたレミントン用?のマウントベースです。

    確か実銃用です。
    (上に見えるイモネジがインチサイズでしたので、たぶん本物でしょう)
    CAか何かに付けようとしたら合わなかったので、加工して付けてみいや、と
    いただいたきり長らく放置していたものです。

    で、具体的に何のサイズが違うのかというと、幅です。
    このマウントベースの方が少し小さいので、取り付ける場合は内側を切削する
    必要があります。




    形状はコッキングレバーを避けるように出来ているので、おそらくM1100用では
    無いかと思われますが、実際のところは不明です。
    とはいえ、この形状であればマルゼンM1100に取り付けてもブローバックを阻害
    することはなさそうです。
    (CA870用だとM1100のコッキングレバーと干渉するので取付けは不可)

    しかも丁度良いことに、当工房にはM1100が配備されております。
    こうなったらやることはひとつです。(と考えたのが2年前orz)




    というわけで、グラインダーでばっさり削りました。
    どーせ内側なので、ガタさえ出なければオッケーです。

    しかしここで問題が。




    マルゼン製M1100のレシーバー固定用ビスのサイズが異なるため、ポン付けが
    できません。
    更に前側のビスの位置が実銃と異なるので、完全固定ができません。

    しばし悩んだ結果、スペーサを噛ませて対処することにしました。





    右側は電ガン用の軸受けが無加工でつきました。
    フランジつきなのでまさにおあつらえ。




    左側は穴の大きさが若干異なっていたため、ジュラコンのスペーサーを切って
    流用しました。
    ビバ!ホームセンター!(でも買ってきたのは島忠)




    ビスの長さがマウントベースの厚みの分だけ足りなくなるので別のものに交換。
    そのままだと軸受けが丸見えになってカッコ悪いので、黒いワッシャーを噛ませて
    隠しました。
    前のビス穴が空いたままだと寂しいので、そのうち切り飛ばしたネジでも接着して
    雰囲気を出してみようと思ってます。




    ネジが二箇所だけだと、そこを軸にマウントベースが回転してしまうので、先端に
    穴を穿ってレシーバまでネジを貫通させて固定しました。
    本当はレシーバへの加工はしたくなかったのですが、取り付けてしまえば二度と
    外すことは無いと思ったので、潔く割り切りました。




    流石に散弾カートモデルなので、スコープではなく適当なダットを積んでみました。
    んー、いいじゃないの。




    翌日フィールドに持ち込んでみたところ。
    カッコイイですが、近代的なダットサイトはどっちかってえとファイバーストックの方が
    似合いそうですね。

    ゲームでは使いにくいと言われるライブカートショットガンですが、これで少しは使い
    やすくなるといいのですが。
    | カスタム | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.senmin-sisou.com/trackback/1787