NOTICE

ブログ内検索


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
管理
デイトレーダー
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ボウコウの雑記帳

開発工房戦民思想主宰「某工房主」→「暴行棒主」→「ボウコウ」
による依頼主の妄想を実現するまでの記録と、少々アレな日々を
書き殴ってます。
ご依頼の際の参考にしていただければ幸いです。
※旧ブログの移転分のコメントや画像の表示が一部乱れてます。
何卒容赦ください。

-HEAD LINE-
[2018.01]
イサカマガジンキャリアVer.2の仕様を追加しました。
各種塗装仕様がお選びいただけるようになりました。
詳細はこちら
<< 「サバフリ」に出店します。 | main | 竹ふたたび >>
化石銃レストア
0
    さて、ようやく週末ですね。
    しかし当工房の場合は「もう週末かよ!」という状態です。
    お客さんの仕事がこなしきれねえorz
    最近注文を沢山いただけるようになったので大変ありがたいのですが、腕が追い
    ついていないのでバックオーダーが溜まる一方です。
    注文をいただいてもひとつの作業に延々と時間を掛けては結局赤字ですし。

    てなわけで、鉄火場状態で記事を投稿する暇がなかっただけで、作業はちゃんと
    してます。2010/02/11のサバフリ用の商品も作らなきゃいけませんし。


    さて、本日は酒場の主人からの依頼品です。

    工房を始めるまではそれなりに人並みの収入があったので、結構アチコチに
    飲み歩いたりしてた時期もあったのですが、すっかりそれもご無沙汰です。
    そんなときに、以前よく通ってたバーの店主から依頼がありました。

    <CM>
    お店はこちら。
    BAR EVOLUTION(二次戦分隊支援火器の進化版ではありません)
    地図はこちら
    店主も紳士的な方なので、お近くの方は是非足を運んでみてください。
    早めの時間に行くのがオススメです。
    </CM>

    んで、依頼品はこちら。


    往年の名銃、コクサイ製コルトパイソン3インチ(パックマイヤー仕様)


    そしてタナカ製M60チーフスペシャル(ライブカート仕様)


    ・・・またこういうものを。

    パイソンはシングルアクション時にハンマーが掛からず、チーフはダブルアクション時に
    ハンマーが起きないとのこと。
    簡単な問診の後、当工房に入院することになりました。

    とはいえ、両方とも既にリペアパーツの入手は絶望的な機種です。
    場合によってはスクラッチも検討しなくてはいけません。
    泣き言言ってても仕方ないのでとにかく修理に掛かることにしました。

    まずはパイソンから。


    うー・・・きたない。

    予想してたとは言え、15年分の汚れはかなりのものです。



    とりあえずバラして清掃。
    実は清掃が一番楽なんですよね。なんも考えなくていいから。

    続いて故障箇所の調査に入ります。
    再度組み上げてから動きをチェックしてみたところ、ハンマーを起こすとサイドプレートの
    上部が開いてきます。
    おそらくこのせいでハンマーの位置がずれ、シアーが掛からなくなってるんでしょう。



    サイドプレートをチェックしてみたところ、フレームと噛み合う部分のツメが折れてました。
    さて、コイツは困った。
    強度が必要そうなのですが、すぐ脇をガスルートが通ってます。
    (ライブカートのガスリボルバーは、どのメーカーの機種でもスペース上サイドプレートに
    ガスルートを設けているものが殆どです)



    サイドプレート上側からガスルートを避けてピンを打ち込みます。




    更に金属パテを盛って整形し、接着剤で補強します。




    シアーも磨耗していたので、リューターで溝を彫り足します。

    しかしこれでは根本的な解決にはなりません。

    左側にハンマーが逃げてくる症状を直さなければ、修正したツメに負荷が掛かり続け、
    いずれツメが折れてしまうことでしょう。
    そこでハンマーをバラしてみたところ、ハンマースプリングのヒゲバネが左右ハの字に
    開いてました。犯人はお前か!
    ヒゲバネを逆テーパー方向に曲げて仮組みしたところ、左にハンマーが逃げる症状は
    収まりました。これでサイドプレートに掛かる負荷も軽減されることでしょう。


    続いてチーフスペシャルに掛かります。




    パイソンより輪をかけてきたない!
    店内に飾ってあったためか、ヤニだらけです。
    ブレーキクリーナとティッシュを駆使して磨き倒します。




    ハンマーが起きない原因はこのパーツの破損。




    本来はハンマーの内側に取り付けられており、ダブルアクション時にトリガーと連動して
    ハンマーを上方に押し上げるのですが、負荷が掛かって折れてしまったようです。
    このパーツもリペアで揃えるのは難しいでしょう。


    パテで再生してもおそらく強度が保てないので、半田を厚めに盛って再生します。







    が。





    剥がれたorz
    まーアルミのロウ付けは難しいですからね・・・。


    しかしここで諦める当工房ではありません。

    ダメなら他の方法で再生します。




    破損パーツに穴を開けて。




    番線を巻きつけて軸受けを再生しました。
    幸いスペースに余裕があったため、この方法でもパーツ同士の干渉はありません。
    組み付けてみたところ、強度も問題なし。


    というわけで、全体をクリーニングして・・・。





    ボルト折れやがったorzペンチでつまみ上げただけなのに。

    つかシリンダの強力なロッキングボルトスプリングを押すパーツが亜鉛てどうなのよ。
    まあタナカだから仕方ないですけど。




    泣きながらピンを打ち込んで再生しました。


    しかし亜鉛の劣化により、直せば直すほど泥沼に嵌るという事態に・・・。
    結局依頼主に事情を話してダメ元でパーツを取り寄せると言うことにしました。


    ライブカートリボルバーの修理は初めてでしたが、何とかなるもんですね。
    丸一日かかりましたが・・・。

    依頼主にも満足していただけたようですし、引き受けた甲斐もありました。

    こういった依頼はかなり特殊ですが、基本的にできることなら何でもやります。
    本来はあまり引き受けませんが、レストアをご希望の方はこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。


    さーて、明日は木工です。
    ニコ動のジェイソンさんの足元にも及びませんが、全身全霊を掛けてやります。
    明日もお楽しみに。
    | 修理 | 00:47 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    >タナカだから仕方ないですけど すみません、吹きましたwww いやまぁ、事実なんですけどね。
    | Ridgeback | 2010/01/30 11:53 PM |

    >Ridgebackさま まあタナカですし。 -----
    | wildey | 2010/01/31 7:15 PM |










    http://blog.senmin-sisou.com/trackback/1662